ZEROが考える質の高いコンテンツとは? | 【公式】株式会社ZEROの求人・採用サイト

メニュー
main_view

ZEROが考える
質の高いコンテンツとは?

Recommend ー ZEROが考える質の高いコンテンツとは? ー

ZEROが考える『質の高いコンテンツ』は
どのようなものなのでしょうか?
ここでは「どうやれば質の高い
コンテンツを作れるのか?」
「質の高いコンテンツには何が必要なのか?」を
一つ一つ解説していきます。

  • Contents

  • icon質の高いコンテンツは『ユーザーの課題を解決し検索行動を終わらせる』

    ZEROが考える質の高いコンテンツとは、
    ズバリ『ユーザーの課題を解決し検索行動を終わらせることができる』ものを指します。

    一般的にWebサイトで情報を手に入れたいユーザーは、
    ①情報の検索
    ②情報の発見・比較
    ③情報の理解・解決 or 不解決のため①へ戻る
    という行動手順で自らの手に入れたい情報まで辿り着くと思います。

    Webマーケティングの世界では上記の手順を、より円滑に進められる施策が数多く存在し、
    ZEROでも提供しているサービスに含まれるものもあります。
    下記はその一例となります。

    情報の検索

    情報の検索は、ユーザーが疑問・課題を感じ、それを解決するために行う行動を指します。
    検索を行うユーザーにとって効果的な施策は下記が当てはまります。
    ・SEO対策
    ・検索エンジン最適化
    ・Web広告を配信

    情報の発見・比較

    情報の発見・比較は、ユーザーが感じた疑問を解消するための情報が掲載されている場所を見つけた際に行う行動です。
    発見・情報を行うユーザーにとって効果的な施策は下記が当てはまります。
    ・Webサイト制作・最適化
    ・ランディングページで購買意欲を増進
    ・Webメディア・記事を配信して定期的な情報を提供
    ・比較ランキングサイトを用意して差を具体化
    ZEROではこの行動手順そのものを全て完結できるような良質なモノを生み出すため、日々コンテンツの創り続けているのです。

  • icon質の高いコンテンツはこうやって作られる

    質の高いコンテンツはどういうものなのか、その概念や成り立ちを紹介してきましたが、
    ここからは『どうすれば質の高いコンテンツを作れるのか』、ZERO式制作ノウハウを特別に紹介していきます。

    徹底的なリサーチ

    情報の検索は、ユーザーが疑問・課題を感じ、それを解決するために行う行動を指します。
    検索を行うユーザーにとって効果的な施策は下記が当てはまります。
    ・SEO対策
    ・検索エンジン最適化
    ・Web広告を配信
    コンテンツ制作の大原則として、『ユーザーの課題を解決し検索行動を終わらせる』という目的が存在します。
    その目的を達成するためにまず行うのは、競合調査やカテゴリー別に実施するリサーチです。

    リサーチを行う方法は千差万別で、Googleの検索システムから延々と関連キーワードを検索して調査する場合もあれば、過去のデータなどをサーチコンソールから取得し検索結果の上位に来ているコンテンツを調べたり、フォームでアンケート調査を行ったり様々なところからデータを取得します。
    このデータが、コンテンツ作りの材料になるため、日本一のコンテンツを作るために時間が許す限りひたすらリサーチを繰り返して情報を多く集めましょう。

    テーマの深掘り

    リサーチによって集めたデータはテーマを深掘るための材料になります。
    特に、人々が関心を寄せるキーワードやコンテンツはその反響の要因となった事象が必ず存在するため、深く解明しどのような情報をユーザーに提供すれば良いのかを見定めるのです。

    例えば、食品関連のコンテンツを作るとして、”食品の産地”がテーマとなった場合、その産地の名品は?、その食品は他の地域でも有名なのか、ブランドの種類は?どの程度の価格帯で買えるのか?、どんな料理で使われるか?など、テーマをひたすら深掘りし、ユーザーが求める情報を精査していきます。

    テーマの深掘り

    リサーチによって集めたデータはテーマを深掘るための材料になります。
    特に、人々が関心を寄せるキーワードやコンテンツはその反響の要因となった事象が必ず存在するため、深く解明しどのような情報をユーザーに提供すれば良いのかを見定めるのです。

    例えば、食品関連のコンテンツを作るとして、”食品の産地”がテーマとなった場合、その産地の名品は?、その食品は他の地域でも有名なのか、ブランドの種類は?どの程度の価格帯で買えるのか?、どんな料理で使われるか?など、テーマをひたすら深掘りし、ユーザーが求める情報を精査していきます。

    多角的な視点からのフィードバック

    テーマの深掘りを行い網羅性と専門性を高めた情報は、ただただ列挙すればいいというわけではありません。誰が読んでも理解しやすく、なおかつその人が検索行動を終えるような内容に整理されていなければユーザーは飽きて離脱してしまうでしょう。
    これらを防ぐために、非常に有用なのが『多角的な視点からのフィードバック』です。
    フィードバックは、自分では気付かないような視点から、客観的な意見を受けることができる絶好の機会です。
    擬似ユーザーとしての視点から々な意見を助言してもらい。コンテンツの質を高めましょう

    なお、ZEROではこのフィードバックを特に重要視しているため、先輩社員が様々な角度から意見を出してくれます。そのため、常にクオリティの高いコンテンツを生み出せるのです。

    ユーザビリティの向上

    提供した情報をより詳しく理解してもらうためにはユーザビリティの向上が必須です。
    文章だけでは伝わりにく情報などに対して説明するための画像を制作したり、簡単な図解があるだけでもユーザーが理解しやすくなります。
    また、人間工学的にも文章が羅列されただけのページよりも、一定の感覚で画像や図が配置されたページの方が、メリハリが生まれ親しみやすくなることが最近の研究で判明しています。

    常にユーザーの立場になってどうすればコンテンツが良くなるのか考える続けることが重要になるのです。

  • icon質の高いコンテンツはこうやって作られる

    質の高いコンテンツを作るためにはその要素を形にするためのスキルやノウハウが必要になります。
    ここでは、そのスキルを身に付けるためには何をしなければいけないのか?を紹介していきます。

    企画構成力を身に付ける

    企画構成は一見斬新なアイデアや独創的なセンスが必要なように思えますが、実のところあまり関係ありません。
    最も重要なのは、先述のリサーチを行う量と、実際に手を動かす熱量であるとZEROは考えます。
    特に、様々な過程を経て徐々に最適化される企画構成は、最初に思いついた段階での案が最終的にそのまま採用されることは9割9分ありえないと思った方がいいでしょう。
    そのため、最も重要なのは『とにかく作ってみる』という姿勢です。
    インプットとアウトプットをバランスよく行い企画構成力を身につけましょう。

    リサーチ力を身に付ける

    リサーチにはコツがあります。そのコツとは、『知識や情報は数珠繋ぎで辿ることができる』という本質を生かすことです。
    例えば、上記の家電や食品産地のように一つの情報から得られるポイントを2,3点見つけ、そのポイントから次の情報へ飛び、新たな情報を収集するという方法があります。
    例)
    家電

    蔵庫

    食品を冷却する製品、食品を保存する製品、食品を加工する製品(派生)

    冷凍庫、フレッシュボックス、電子レンジ
    という風に知識量と情報をうまく組み合わせて、横軸に展開していく能力を身につけましょう。

    情報を整理する力を身に付ける

    情報整理する基礎練習に『カテゴライズ』や『カスタマージャーニーマップ』が存在します。
    前者は雑多な情報や単語を、各カテゴリごとに分けて整理をする手法で、後者はどのような流れで、そのコンテンツが伝達していくか予想する地図のようなものです。

    専門家の意見を取り入れる

    食品などであれば、流通業者や小売業者などの関係者に話を聞いたり、著書を読んだり、ネット上では手に入らない知識や情報を仕入れるのも質を高いコンテンツを作るためには重要です。

    画像制作をデザイナーに任せる

    情報をうまく伝える方法である画像や図解は、素人が作っただけでは、逆にわかりにくい表現になってしまうこともあります。
    そこで、制作の専門家である、デザイナーやクリエイターに依頼し、作ってもらいましょう。
    時には、自分の得意でない分野を他人へ委託するのも質の高いコンテンツを作るためには必要な事なのです。

  • 背景

    質の高いコンテンツは
    Webマーケティングに必須

    これまで説明してきた『質の高いコンテンツの作り方』や『コンテンツを作るためのスキル』は
    ZEROにおいて必須となります。
    常に考え、どのように行動すればユーザーが満足し、検索行動を終えるのか。
    そういったコンテンツをZEROは作り続けます。
    是非ZEROの一員となり、専門的なスキルを身につけ、一流のマーケターを目指しませんか?

背景

ZEROの強みは『企画×構成力』

マーケティングの基礎は
企画構成にあるとここまで紹介しましたが、
株式会社ZEROはこの『企画構成力』において
特に自信があり、なおかつ強みとしている企業です。
また、企画構成以外にも年間で
300件以上のコンテンツを生み出す『制作力』。
代表が創業からノウハウを貯めてきた『SEO対策』の
3つの強みを元にWebマーケティング企業として
邁進しています。
ZEROの持つマーケティング力を確認したい人は是非、
GoogleもしくはYahooのキーワード検索で
『ランディングページ制作』と検索してみてください。

JOB Presentation ー 募集要項 ー

ZEROでは、第二創業期の圧倒的成長をともに
実現する仲間を募集しています。
新卒正社員やクラウドワーカー・業務委託といった
幅広い募集情報を紹介します。

Border Border
Entry
トップへ戻る
クリックでナビゲーションを閉じます。